Profile

SOMEWHERE TOKYO
150-0022
東京都渋谷区恵比寿南2-7-1 1F
www.somewheretokyo.com

Documents

Arhives

Categories

Search

Mail to SOMEWHERE

Name:
Mail:
Subject:
Text:

Links

このブログをリンクに追加する

 Ronron - Marion Baruch
RonronはGavinaよりウルトラモービレシリーズのひとつとしてリリースされた。このウルトラモービレシリーズはガヴィーナが芸術家を中心に作ってもらった、最もオブジェの要素の強いシリーズといえます。
有名なのはセバスチャンマッタのMURO(ムーロ)やマンレイの鏡Les Grand Trans-Parents(ルグラン トラン パラン)、目のオブジェLe temoin(ル テモアン)などでしょうか。シリーズの集合写真をご覧下さい。
それで、この愛らしいロンロンですが、由来は以外と硬派で、政治的なのです。Marion Baruchは女性写真家で60年代のアメリカにおいて黒人解放運動として有名なブラックパンサー党に密着しており、そのドキュメントとしてBlack panthersという書籍を出しました。
Gavinaの社長であったDino Gavinaは彼女との交流もあり、ブラックパンサーへの敬意を表してこのスツールをリリースしたとされています。
ゆえにこれは実は"黒い豹"です。 ”黒人解放”なのです。
Gavinaのオフィシャル上はデザイナーはMarion Baruchとして1971年とリリースとクレジットされていますが、実際のところはどうなんでだろう???

Ronron-Marion Baruch Price upon request
ultramobile_en.jpg
ronron1.jpg

chairs | Comment:0 | 2011/05/28(土) 15:04

<<Ronron補足 ブラックパンサー | Home | Light - Fulvio Ferrari>>

Comment

コメントの投稿