Profile

somewheretokyo

SOMEWHERE
150-0022
東京都渋谷区恵比寿南2-7-1 1F
www.somewheretokyo.com

Documents

Arhives

Categories

Search

Mail to SOMEWHERE

Name:
Mail:
Subject:
Text:

Links

このブログをリンクに追加する

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:--

 FLOS 1975 SALES CATALOGUE
マニアだからなのかも知れませんが、メーカーのカタログを見ることが好きです。特に古いものを見ることが。
もちろん、古いメーカーのカタログなどそうそうお目にかかれるわけではないのですが、そういう状況もあいまって好きなのだと思います。
当時のカタログや雑誌などを見るとかなりリアルに色々なことが分かるからかもしれません。この商品はかなりメーカーが推している商品なんだなとか。この当時はこういう色がはやりだったんだなとか。写っている人間のファッションなんかもよく見たりします。あとは、写真の技術、印刷の技術も見ています。
こういう時代がきちんと反映されているものをいくつも見ることで、だんだん推測が働くようになります。例えば出物の材質、色の感じなどで何年頃のものなのではないか。裏に貼られたシールの文字の雰囲気などで、60年代のものではないか。といった推測ができるようになっていきます。
ですから、本当に好きでつめていきたいハードコアな方には雑誌、カタログをおすすめしています。

さて、これはFLOSの75年のセールスカタログです。カタログは実用的な情報(例えば何ワットまで使用可能なのか、正確な大きさなど)がすごくつまっているので、マニアにはたまらない最も価値の高いものとして君臨している気がします。
また、いいデザインの家具メーカーはカタログにもお金、労力を使っていて、秀逸なデザイン、写真のものも多いです。
フロスもそれにもれず、表紙は白にロゴのエンボス。中は黒をベースに撮影した写真(照明が映えますね。)で、装丁はバインダー形式となっております。
ヴィスコンティアなどいさぎよく、かっこよく写っております。カスティリオーニの作品の他にもキアラなどもかかっこいいです。そんなフロスの75年のカタログです。

FLOS 75 SALES CATALOGUE 70 PAGES 15750YEN

FLOS72_1.jpg
FLOS_2.jpg
FLOS75_3.jpg

books | Comment:0 | 2010/09/12(日) 15:07

<<倉俣史朗の世界 Shiro Kuramata 1934-1991 | Home | TABLE GUN(Proto Type) - Philippe Starck>>

Comment

コメントの投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。