Profile

somewheretokyo

SOMEWHERE
150-0022
東京都渋谷区恵比寿南2-7-1 1F
www.somewheretokyo.com

Documents

Arhives

Categories

Search

Mail to SOMEWHERE

Name:
Mail:
Subject:
Text:

Links

このブログをリンクに追加する

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:--

 椅子を燃やした人その2
今回紹介する燃やした人は日本が世界に誇るスター。
倉俣史朗です。
de0114.jpg
倉俣さんに燃やした椅子などあったっけ?と思う方もいらっしゃるかもしれません。
85年の作品Homage to Josef Hoffmann, Begin the Beguineです。
これはトーネットのヨゼフホフマンの椅子にスチールをまきつけ、接合部を溶接。そののちベースになるホフマンの椅子を燃やし残ったスチールの部分にエナメルメッキ塗装を施したものです。
椅子としての強度を保証したものではないので、椅子としては座れず、普段からゆらゆらと揺れているんだそうです。
その揺らぎで反射する光が動き、非常に美しいそうです。(当方実物を見たことがない。)
もちろん1点モノのアートピースです。
このプロセスはちょっと感動的に素晴らしいと思います。批判などではなく、単純にホフマンへのオマージュだと思いますが、日本が世界に誇る天才デザイナーです。アイデアもさることながら仕上がりが非常に美しい。
当方、かなりこの作品好きです。
なおこちらの作品も当ギャラリーでの取扱いはありませんので。あしからずですが。。

hoffman.jpg

chairs | Comment:0 | 2010/09/20(月) 14:02

<<椅子を燃やした人その3 | Home | 20日(月)は営業いたします。>>

Comment

コメントの投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。