Profile

somewheretokyo

SOMEWHERE
150-0022
東京都渋谷区恵比寿南2-7-1 1F
www.somewheretokyo.com

Documents

Arhives

Categories

Search

Mail to SOMEWHERE

Name:
Mail:
Subject:
Text:

Links

このブログをリンクに追加する

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:--

 TIZIO CAIO SEMPRONIO - Archizoom
Tizio Cailo Sempronioは1967年にアンドレアブランジ率いるアルキズームによってデザインされた。3つセットで灰皿、フラワーベース、ランプになっています。本体そのもはブリキにシルクスクリーンです。プリントされた模様は半貴石(アメジストやブルートパーズなどの宝石)からインスパイアされたもの。
ブリキという全く安価な素材を用いて制作したあたりは、ラディカルな思想がひしひしと伝わってまいります。
デザインとは何だ。高い素材を使うことだけが家具デザインではないはずだ。という当時のデザインとそれをとりまく暗黙のルールみたいなものを打ち破ろうとしたラディカルの考えが凝縮された作品です。リリースはもちろんポルトロノヴァです。

TIZIO CAIO SEMPRONIO - ARCHIZOOM -POLTRONOVA
tiziocaio.jpg


others | Comment:0 | 2010/10/15(金) 18:49

<<秋のデザインウィーク見所その2 | Home | 秋のデザインウィーク見所その1>>

Comment

コメントの投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。